車に毛ばたき傷がつきませんか?

毛ばたきの評判を落とす『毛ばたき傷』。なぜこのような事が起こるのでしょうか?
これには主に3つのケースが考えられます。

本当に毛ばたきが悪いケース

<ダチョウの場合>
毛ばたきに使うオーストリッチ(ダチョウ)羽毛はピンからキリまで存在しています。安いものは硬いかよく取れないかのどちらかのケースが多く、特に毛先まで硬いものに当たった場合、このトラブルにつながります。 安い毛ばたきは埃を取るという機能を満たしていればその価格帯としては、合格だからです。

<ニワトリの場合>
ホコリを取る力はオーストリッチよりも低いものの、お手頃な価格が魅力のニワトリ毛ばたき。ニワトリの場合、オーストリッチと比べて芯が折れやすいので、お車に当たる部分が折れてしまえば途端に同様の現象が起こります。この場合においては、品質の良しあしよりも気づかないうちに製品寿命を越えてしまっているという方が表現が近いと思います。

使い方が悪いケース

いくら良い毛ばたきを使用していても、使い方が間違っていれば傷は入ります。 根本を押し付けて引きずるような事をすれば、どんな毛ばたきでも傷は入ってしまうからです。

羽毛が折れたケース

使用しているうちに羽毛が傷んできたり、芯が隙間に引っかかって折れてしまったり。 これらの事が塗装面に当たる毛先で起こると尖った折れ先が塗装面を擦り傷をつけやすいです。 乱暴な取り扱いをせず、優しくメンテナンスを行えばそのような事は起こりにくいので愛情を持ってケアしてあげてください。

松本毛ばたきの場合は?

オーストリッチ羽毛の中でも名実共に最高級・最高品質を兼ね備えたブランド羽毛・PERTEC™ ALL BLACK を使用しています。

松本毛ばたきでダメなら、もう他の毛ばたきもすべてダメだろうという気合いでお作りしていますので、安心してお使いください。ただし、使用方法とメンテナンスだけはしっかりと押さえておいてくださいね。

サブコンテンツ
お電話でのお問い合せはこちら⇒松本羽毛合同会社 0771-24-5868(10時~22時まで)

このページの先頭へ